【なんとなくSwift その1】Swiftでよく忘れる配列、辞書型の書き方

iosアプリの開発をしていると、必ず配列と辞書型の書き方で手がとまります。

「宣言?」
わからんってなります。
「2次元配列?」
わからんってなります。

そんなわけで書き方まとめてみます。

この記事を読んでできるようになること。

  • 配列の宣言文が書けるようになる
  • 辞書型の宣言文が書けるようになる

配列

/* 値あり */
let array1 = ["犬","猫","ペンギン"] 

/* 空の配列 */
var array2: [String] = [] 
var array3 = Array<String>()

/* 2次元配列 */
let array4:[[String]] = [["ね","む"] ,["た","い"]]

/* 空の2次元配列 */
var array5 = [[String]]()

辞書型

/* 値あり */
let dictionary1 = ["a": 1, "b": 2] 
let dictionary2 = ["a": ["じ","しょ"],
                   "b": ["じ","しょ?"]]
/* 空の辞書 */
let dictionary3: [String: Int] = [:]
var dictionary4 = Dictionary<String,Any>()

ふじさん

直感で動くシステムエンジニアです。
アプリ開発, 人工知能, デザインなど
面白い!必要だ!
と思ったものはなんでも手を出します。

Swift, Flutter, Python, illustrator, photoshop, After effectsを中心に触っています。

関連記事

  1. 重要だと感じること

  2. Dropbox APIの巻

  3. 【なんとなくSwift その4】横幅が可変なUIButtonをつくる。タイトルの長さによってUIBu…

  4. 拝啓、LeTAOのWeb担当者様

  5. 【なんとなくSwift その3】UserDefaults使ってデータを保存しよう

  6. iOSアプリ「テキトーに通知するアプリ」「MagiCD」配信停止のお知らせ

  7. 【なんとなくSwift その2】最高のアニメーション実装ライブラリ、Lottie

  8. 文字認識アプリ

PAGE TOP