【セキュリティは】AWSのMFAを有効化しよう その2【ご安全に】

こんにちは。エンジニアのおかもーです。
前回(記事はこちら)に引き続き、MFAの設定方法をご紹介します。

MFAの設定

1.AWS マネジメントコンソールからIAMを選択します。

 

2.IAMのダッシュボードが開きます。上から2番目の「ルートアカウントのMFAを有効化」を開き、「MFAの管理」ボタンをクリックします。

 

3.「MFAの有効化」ボタンをクリックします。

 

4.「仮想MFAデバイス」を選択し、続行ボタンをクリックします。

 

5.QRコードを表示し、スマホなどにインストールした仮想MFAデバイスアプリで読み込みます。

MFAコード1と2には仮想MFAデバイスアプリに表示されたコードを入力します。

 

6.設定が完了すると、画像のようにデバイス情報が登録されます。

 

7.サインイン時には、ユーザID/パスワードの他に、MFAコードを求められるようになります。

MFAデバイスアプリに表示されているMFAコードを入力するとログインができます。

 

これでセキュリティステータスの2/5が完了しました。

次回はIAMユーザの作成を行います!

おかもー

父親は中京大学名誉教授。母親は元オリンピック代表選手。幼少期はテニス、水泳、野球、少林寺拳法など様々なスポーツを経験しながら育ち、小学3年から中学2年まではロサンゼルス近郊に滞在していた。類稀なる身体能力をもち、帰国後は複数の部活動を掛け持ちしていた。2004年にギリシャで開催されたアテネオリンピックに出場し、金メダルを獲得。身長187cm、体重99kg。という経歴をもつ室伏広治と同郷。

関連記事

  1. 文字認識アプリ

  2. 7pay

  3. 重要だと感じること

  4. Androidアプリ「思い出マップ」をリリースしました。

  5. ロードマップ

  6. 【なんとなくSwift その3】UserDefaults使ってデータを保存しよう

  7. 【セキュリティは】AWSのMFAを有効化しよう その1【ご安全に】

  8. Dropbox APIの巻

PAGE TOP