書評

たまには書評を書きたいと思います。

「君が生きる意味」

久々に読後感の爽やかな本に出会いました。

「夜と霧」で有名なビクターフランクルの教えを

小説形式で読みやすく解説し、

また置換えの法則で自分自身はどうなのか?

改めて振り返ることができます。

 

30代40代はもう読む必要はなさそうですが、

特に10代20代の自分の人生の意味を考えがちなメンドくさい

悩める若者には大変オススメです。

(かくゆう私もそんな奴の一人でした。。。)

 

人生の意味に悩むという余計な遠回りが随分削減できます。

2時間もあれば読み終わります。

自分の人生や仕事に意味を見出せないそこのキミ。

騙されたと思って一度読んで見てください。

大嶋

ペヤング大好き

関連記事

  1. 減量

  2. 休日!!

  3. 10/31ハロウィン、年次有給休暇、そして働き方改革

  4. 夜間救急

  5. ビジネスシューズ物語

  6. GW真っ最中

  7. 邪念をも洗い流すボディソープ

    【驚愕】YOZOがblog更新を休止していた理由とは…衝撃の事実に涙が止まらない。。。

  8. アバターとは?

PAGE TOP